創立50周年事業計画

【 あれも これも かなう 】

【 なかったもの あったらいいなの 創作 】

~ 「子ども」から 子どもを取り巻く「街」への視点 ~

【温故知新、豊かな環境の園内。深き価値観を呼び戻し、広き感性を子ども達の心へ育みたい】

当学校法人は、教育・スポーツ・文化・歴史・芸術・科学技術など、多岐にわたる地域の教育活動の振興を目的とし、現在、施設改修を行っています。

短期から長期的な視野のもと、多様化する時代に対応し、かつ、気候変動への対応なども含め、この地へ寄与し続けられることを願いに計画が進められています。

人口問題、国際社会、日本経済、気候変動など、広く未来を見据えてみますと、様々な懸念要素がある社会。そのような中におきましても、地域の子ども達のみならず、老若男女問わず、地域のより多くの人々が能力を発揮し、協力し合い、外的要因に左右されず、より豊かなコンテンツの備わる学園、多様な要素のHUBとして機能できるような学園を目指しています。

施設改修計画のお知らせ

2023年春幼稚園園舎および学園ホール竣工後学園エリアマップ

幼稚園および共有施設改築計画の概要(ポスター)

工事費概要

    • 総工費
      • 契約工事総額 1,493,030,000円
      • 設計・監修 54,000,000円
      • 追加工事予算額 100,000,000円 (含む外構工事・備品)
        • 計 1,647,030,000円
    • 財源
      • 私立学校安全対策促進事業費補助 227,400,000円
      • 融資総額 1,265,630,000円
      • 自己資金総額 154,000,000円
        • 計 1,647,030,000円

 

    • 地域の需要に即し、かつ、的確な運営財源の確保を狙いに、順次利用定員の変更を行っています。
    • 応益負担の原則に準じ、2023年度に予定されている特定保育料の改定を財源としています。
    • また、不足となる部分に関しましては、地域子育て支援事業や付帯事業の拡大、事業内容の見直し、寄付金等により充当していきます。

受配者指定寄付金

「受配者指定寄付金」とは、私立学校の教育研究の発展のために寄付をして頂く際に、日本私立学校振興・共済事業団を通じていただくと、寄付金は全額損金扱いとして、税の優遇措置を受けていただける制度です。

「私立学校で学ぶ子どもたちのために」

「未来を育てるおてつだい」

~ 寄付募集の概要 ~

【寄付金概要】
教育活動整備事業 教育環境の充実・向上(施設設備の整備等)。

【対象事業】
寄付金対象事業種別:園舎やホールなど施設整備の支援。教育や研究のための設備購入支援。

【税控除】
受配者指定寄付金。特定公益増進法人。

【寄付金募集期間】
募集期間の指定はありません。
皆様のご支援を園児さらに学園の未来の発展に向けて対象事業に活用させていただきます。

【お問い合わせ先】
【Tel】042-394-4536
【e-mail】office@musashino-group.tokyo